【積立NISAを始める方向け】楽天カード+楽天証券+楽天銀行の組み合わせが最強!!始め方もわかりやすく解説!!

NISA・積立ニーサ
スポンサーリンク

積立NISAを始める際、一番最初に決めなければいけないのが証券会社選びです。

「どこの証券会社でも一緒でしょ?」

「とりあえず大手の証券会社でやれば間違いない!」

そんなことはありません!

2020年4月現在では楽天証券一択だと思っています!

それでは解説していきます!

スポンサーリンク

楽天証券で積立NISAを行うメリット

なぜ、楽天証券で積立NISAをおすすめする理由はこちらになります!!

・楽天カードで決済すると1%楽天スーパーポイントがもらえる

・保有残高に対し楽天スーパーポイントがもらえる

・貯まった楽天スーパーポイントで投資信託が購入できる

楽天カードで決済すると1%楽天ポイントがもらえる

楽天カードと楽天証券を連携することで、楽天証券での投信積立で「クレジットカード支払い」が可能となります。

楽天カードで投資信託を積立すると「1%のポイント還元」を受けることができ、他の証券会社で投資信託を買うよりもお得です。(100円で1ポイント)

楽天カードによる投資信託購入限度額は5万円ですので、MAX500ポイント

毎月貯める事ができます。

保有残高に対し楽天ポイントがもらえる

楽天証券と楽天銀行を口座連携させることによって「ハッピープログラム」にエントリーでき、楽天スーパーポイントがどんどん貯まります!

投資信託でいうと10万円保有ごとに4ポイント貯まります。

保有しているだけでポイントが貯まっていくなんてかなりお得ですよね!

貯まった楽天ポイントで投資信託が購入できる

投資信託の買付代金の一部または全てに楽天スーパーポイント、楽天証券ポイントが利用できます。

また、楽天スーパーポイントコースに設定してポイントのみでの購入、もしくはポイントと現金を組み合わせて購入すると楽天市場の商品がポイント+1倍に!

楽天をご利用の方だと分かると思いますがSPU(スーパーポイントアップ)という

楽天市場で買い物をするとポイントアップするプログラムです。

こちらは後程別記事にてまとめていきます。

楽天証券での積立NISAの始め方

楽天証券での積立NISAの始める手順を追って説明していきます!

楽天カードを作る

1つ目は楽天カードを作ることです。既にお持ちの方は次へ進んでください。

年会費永年無料の楽天カードで大丈夫です!カードを作るだけで5000ポイントも貰えるのでお得です!

楽天市場で買い物する方・今後楽天商圏内で買い物し、SPUを上げたい方はゴールドカードがおすすめです!年会費も2,200円(税込)と安く、空港ラウンジも年2回使用可能です!

楽天証券・楽天銀行の口座開設

2つ目は楽天証券・楽天銀行の口座開設です!

2020年4月現在、証券口座開設が混み合い時間がかかっているみたいなのでお早めに

口座開設をおすすめします!

NISA口座の開設も忘れないよう気を付けてください!

楽天カード+楽天証券口座+楽天銀行口座が揃えばあとは設定のみ

楽天カード+楽天証券+楽天銀行が揃えばあとは設定をするだけでOK!!

楽天証券と楽天銀行を連携させる、マネーブリッジと

楽天証券にて積立NISAの買付を楽天クレジットカード決済を選ぶだけ!

簡単ですよね!!

まとめ

今から積立NISAを始める方は絶対楽天証券がおすすめです!

SBI証券も気になる方はこちらの記事をご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました