【これから資産運用・投資を始める方向け】NISAをわかりやすく解説!!

NISA・積立ニーサ
スポンサーリンク

NISAとは2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

初心者の方に分かりやすくまとめると

・国内株式、海外株式、投資信託で利益が出た時、税金か掛からない制度

・一般NISA、つみたてNISAの二種類ある!

・一般NISA、つみたてNISA共に20歳以上から使える

それではまとめていきます!

スポンサーリンク

NISAとは

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる。つまり、税金がかからなくなる制度です。

一般NISAとつみたてNISAの違い

  つみたてNISA 一般NISA
対象 日本に住む20歳以上
投資方法 積立 スポット購入・積立
年間投資上限 40万 120万
非課税期間 最長20年 最長5年
対象商品 国が定めた基準を満たした投資信託 国内株式・海外株式・投資信託
非課税対象 配当金・分配金・売却益
口座開設期間 2037年開始分まで 2023年開始分まで
金融機関変更 各年度ごとに変更可能

日本に住む20歳以上であれば始められます!

どの商品を運用していきたいかによって一般NISA・つみたてNISAにするのか変わります。

一般NISAとは

1.日本に住む20歳以上の方が使える制度。

2.国内株式海外株式・投資信託に投資できる

3.年間120万までが非課税になる投資枠

4.NISA口座の非課税期間は、投資した年から最長5年

一般NISA活用イメージ

出典:楽天証券

一般NISA口座で買付された商品の非課税期間は5年間で満了となります。

一般NISAではロールオーバー(非課税期間延長)が出来ます。

NISA口座で保有されている商品が5年を超える場合は、6年目である翌年のNISA買付可能枠を使用して商品を移し換えること(ロールオーバー)でNISA口座での非課税期間を延長するか、特定口座などの課税口座に払い出すかを選択することとなります。

出典:楽天証券

つみたてNISAとは

1.日本に住む20歳以上の方が使える制度。

2.国が定めた低コスト、長期安定運用等の基準を全て満たした投資信託のみ

3.年間40万までが非課税になる投資枠

4.名前の通り、投資方法は積立方式

5.NISA口座の非課税期間は、投資した年から最長20年

つみたてNISA活用イメージ

出典:楽天証券

つみたてNISAではロールオーバー(非課税期間延長)は出来ません。

その代わり非課税期間が20年と長い期間になっています。

NISAの注意点

一般NISAとつみたてNISAの違いは説明しましたが

口座開設する際に注意しなければいけない事があります!

1.NISA口座は一人1つだけ!

2.一度でもNISA口座を使用すると、次の年まで金融機関変更できない!

3.他の金融機関のNISA口座で買付けた商品を別の金融機関に移管は出来ない!

4.非課税枠の再利用、繰り越しは出来ない!

5..配当金受取方法は株式数比例配分方式にしないと税金がかかる!

NISA口座は一人につき1つだけです。一般NISAとつみたてNISAどちらか選ぶ必要があります。

一度NISA口座を使用するとその年のNISA口座は使用した金融機関で運用しなければなりません。また、本年度に買付した商品を次年度別の金融機関でNISAを運用するからといって移管は出来ません。

購入した年と同じ年に売却することで生じる空き枠を再利用することはできません。未使用の枠を翌年に繰り越すこともできません。

一般NISA口座で保有している上場株式等の配当金等を非課税で受け取るには、配当金受取方法で「株式数比例配分方式」を選択する必要があります。

一般NISAとつみたてNISAどっちがいいの?

一般NISAをおすすめの人

・国内株式、海外株式に投資したい人

・一度にまとめて投資したい人

・株主優待狙いや個別株式の値上がり期待など株式に投資したい人

つみたてNISAがおすすめの人

・長期運用を見据えて、積立でコツコツ資産運用したい人

・年間投資額が40万以下の人

・とりあえず資産運用を始めてみたい人

僕はつみたてNISAで投資信託を買付、ネオモバで国内株を買付しています!

ご参考になれば下記記事をご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました