【これから資産運用・投資を始める方向け】iDeCo(イデコ)をわかりやすく解説!!

NISA・積立ニーサ
スポンサーリンク

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多いはずです。

60歳以降の資金準備ならiDeCoというけど内容が分かりづらいという人も多いはず。

今回もまとめてみました!

・積立金額すべて「所得控除」の対象で、所得税・住民税が節税出来る!!

・運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が非課税になる!!

・資産全額をまとめて受け取るときは退職所得控除、毎年少しずつ受け取るときは公的年金等控除の、税の制度が適用される!

スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)とは

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことで自分で作る年金制度のこと。
加入者が毎月一定の金額を積み立て、定期預金・投資信託といった金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

iDeCo(イデコ)のメリット

・積立金額すべて「所得控除」の対象で、所得税・住民税が節税出来る!!

・運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が非課税になる!!

・資産全額をまとめて受け取るときは退職所得控除、毎年少しずつ受け取るときは公的年金等控除の、税の制度が適用される!!

所得税・住民税が節税出来る

DeCoは毎月一定の掛け金を積み立てますが、積み立てた金額すべてを所得控除の対象にすることができます。

出典:iDeCoナビ

運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が非課税になる

iDeCoを始めると、定期預金・投資信託・保険のどれかに積立をします。

その運用期間中に利息や投資信託の値上りにより元手以上に増えた場合

通常は利益の約20%を税金として払う必要がありますが、iDeCoの場合は非課税になります。

運用した資産を受け取る場合にも税制優遇される

一括受け取りの場合は退職所得控除、分割受け取りの場合は公的年金等控除の対象となり、税金の負担が軽くなるようになっています。

iDeCo(イデコ)のデメリット

60歳までは引き出せない

iDeCo専用口座の開設と維持に手数料がかかる

60歳まで引き出せない

「老後のためのお金を準備するための制度」として導入されたので、60歳まではお金を受け取れません

iDeCo専用口座の開設と維持に手数料がかかる

開設手数料はどこも2829円ですが、口座管理手数料は毎月数百円、金融機関によって差があります。

専用口座を開設する際は、維持手数料の安い金融機関を選ぶことがポイントです!

iDeCoの加入者資格

iDeCoの加入者資格は、日本在住の20歳以上60歳未満の方であれば誰でも始められる

ことが可能です。

ただし、自営業の方で国民年金保険料を払っていない方や

会社員で企業型確定拠出年金を加入しており、マッチング拠出が出来る方は対象外

となっております。

会社員で始めたい方は会社の労務部などに確認してみると良いでしょう。

iDeCoの始め方

iDeCoの始め方は下記の通りになります

1.運用する銀行・証券会社にて口座開設

2.定期預金・投資信託・保険のどれに積立をするのか決める

3.60歳まで毎月一定額(5,000円以上)を積立

4.60歳以降に積立てた運用額を受け取る

iDeCoを始める際の金融機関選び

iDeCoの始める際はデメリットで書いた通り手数料が掛かりますので、金融機関選びが重要となります。

私のおすすめはSBI証券のセレクトプランがおすすめです!

開設手数料はどこも2829円ですが、SBI証券の口座管理手数料は171円で最安です。

また、金融機関によって取り扱い商品が変わるのですが

SBI証券のセレクトプランには積立NISAでも人気のeMAXIS SLIMシリーズが

積立てられるのが魅力です!

オリジナルプランでは取り扱っていないので注意してください。

「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたい

と思っている方は始めた方がお得に老後資金を貯める事が出来ますのでご参考になれば

と思います。

NISA・積立NISAについてはこちらをご参考に!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました